・ 蜜蝋キャンドルの販売 蜜蝋ろうそく                  

ホワイトセージ浄化・ホワイトセージ販売

 蜜蝋キャンドルのメンテナンス

蜜蝋キャンドル フェイロニアン
蜜蝋キャンドル リアクター
蜜蝋キャンドル
キャンドルライフ・サポート!
蜜蝋キャンドル・写真展♪
蜜蝋キャンドルの魅力
蜜蝋キャンドルの魅力

3.11災害募金

蜜蝋キャンドル募金


相互リンク・アフェリエイト

タブラカタブラは
お客様サービス



 カートを見る















































蜜蝋キャンドル フェイロニアン
蜜蝋キャンドル リアクター
蜜蝋キャンドル
キャンドルライフ・サポート!
蜜蝋キャンドル・写真展♪
蜜蝋キャンドルの魅力
蜜蝋キャンドルの魅力

3.11災害募金

蜜蝋キャンドル募金


相互リンク・アフェリエイト

タブラカタブラは
お客様サービス



 カートを見る



  * 普段のメンテナンス   * 点火のコツ   * 説明書・特徴   * フィリンでメンテナンス   * 色の説明 

   (このページ内のそれぞれの説明箇所へ移動します)
蜜蝋キャンドル

蜜蝋キャンドルのメンテナンス

蜜蝋キャンドルは、点火後から芯の根元が溶けながら広がっていきます。(点火のコツについて)
この蜜の池をプールと呼んでいます。 プールが大きくなるにつれて、キャンドルの芯が長くなってきますので、炎も大きくなってきます。 お好みの一定の大きさの明かりを楽しむために、芯の長さを簡単に調整します。 フェイロニアン蜜蝋キャンドルは、全てが天然のキャンドルです。芯(シン)も植物の繊維で出来ているので、丈夫で長持ち。
だから、燃えてもなかなか短くなりません。
でも、芯が長すぎたり、あまり大きな炎になると、ススが出る原因になります。
そこで、メンテナンス!

★ はさみで芯をカットする方法。
★ プールの位置を上げて、結果的に芯を短くする方法。(ハグ)

この2つの方法によって長さの調整が可能です。プールがキャンドルの直径、一杯に広がると、 キャンドルの壁を溶かして、プールの蜜が外にあふれ出してしまいます。 あふれ出したままキャンドルを使い続けると、美しい形 が現れますが、一般的には、あふれる前にプールを 小さくするための簡単なメンテナンスをしましょう。
★の方法は、カットせずに芯の長さを適正に保てるので、とても便利です。 プールの広がったキャンドルは暖かくやわらかい粘土のような感触です。薄くなったキャンドルの壁を上手に中心へ押し込みます(写真3)。
するとプールが小さくなり、水位が上がり、結果として芯が短くなります☆ これによって、周りの壁も厚みを増して、丈夫になり、またしばらく安定した蜜蝋の明かりを楽しめます。 決して難しくありませんので、楽しく挑戦してみましょう♪この方法を「 ハグ(抱くの意味) 」と呼びます。

みつろうキャンドル

この4枚の写真は、芯の長さを調整する、の一番よい方法です。 フェイロニアン蜜蝋キャンドルの芯は、丈夫な植物繊維ですので、燃え尽きることがなく、そのために芯が長くなっていきます。 炎が写真2のように大きくなりますと、ススがでる原因になりますので、3→4の手順で芯の長さを調整しましょう。 炎の大きさが元に戻ります☆

*このページのTOPへ ↑

マジックウィックで、瞬間着火が可能です!

 
■ ライターだけで点火する場合☆

100%蜜蝋キャンドルへの点火は、「チャッカマン」などの先の長いライターのご利用をお奨め致しております。
具体的には、蜜蝋キャンドルを斜め逆さまにした状態で、下からライターで着火する方法が最も簡単です。
キャンドルを逆さまにする場合は、点火の際に蜜蝋が数滴落ちることがございますので、 キャンドル皿の上などでお試しくださいませ。CGなら数秒で、EFなら十秒で着火します。
溶け落ちた数滴の蜜蝋は、のちにプールにくべることで無駄なくご利用頂けます☆

* 燃焼中にススが出ない という優秀な特徴は、「完全燃焼」がもたらすマジックです。 「100%蜜蝋キャンドル」は炎の温度が高いため、一般のキャンドルでは困難な「完全燃焼」を可能としております。 その反面、低温(一般の石油系キャンドルが点火する温度)では点火しにくい特徴を持っております。
また、高温度での長時間燃焼に耐えるため100%蜜蝋キャンドルの芯素材は、頑丈な手よりの麻繊維などから出来ています。 一般のコットン芯では、炎の高熱とあまりに長い燃焼可能時間に耐えられない様です。

着火された蜜蝋キャンドルは、スス(人体に有害な黒い煙)を出すことなく、その代わりにマイナスイオンを放出しながらハウスダストを取り除き、空間を安らぎの場へと変えてくれます。
オーガニック蜜蝋100%の濃厚な天然キャンドルで素敵なお時間ををお過ごしくださいませ♪

*このページのTOPへ ↑
蜜蝋キャンドル
■ 芯の秘密
この100%蜜蝋キャンドルにとって、キャンドルの芯(しん)は、最も重要な要素です。 全ての芯は天然の植物繊維から作られていますが、これは蜜蝋キャンドルの高温と長時間の燃焼に耐えうる唯一の素材だからです。 驚くことに、この芯の太さもまた、各シリーズの直径を意識し、最適に計算されています。
驚きのマジックの詳細は、、、、☆

キャンドル芯の長さが、長時間にわたって5mm〜程に整えられている時、 各サイズのキャンドル達は、それぞれの直径の中で、プールがあふれることなく最適に燃える様に設計されます。
(プールとは、表面の蜜蝋が溶けて、液体になったものを指します。)

天然植物繊維の芯にこだわる理由は、「蜜蝋の高い燃焼温度でも燃え尽きることなく、しっかりと耐えうる」からです。 これは蜜蝋キャンドルが、最も効率よく燃焼するための、非常に重要な要素なのです。

■ 直径サイズの秘密(キャンドル選びに迷ったら?)
我々は効率的かつ、経済的に最も優れたキャンドルを提供するために様々な大きさを用意しています。 また、芯の太さとキャンドルの直径の関係を計算し、次のようなバランスを設定しました。
例えば、Temple Lite(TL)キャンドルの芯を適正な長さ=約5mmに保って火を灯すとき、プール (溶けたキャンドルの蜜溜り) が直径の淵まで到達するまで、2.5〜3時間要します。また、外壁の5〜6mm手前でプールの成長が止まるよう、 最適な芯の太さが選ばれているのです。ここまでの燃焼段階では、単に表面を溶かし ているに過ぎず、キャンドルの高さが変わるようなことはありません。淵までプールが広がって 、さあ、ここからようやく蜜蝋キャンドルが本領を発揮します!
たとえばそれがTL5キャンドルであるなら、プールが広がってさらに3時間後の時点で目を凝 らしてみても、数ミリ減ったかどうか??という程度です! 100%蜜蝋キャンドルの燃焼性能の高 さには、使用するにつれて驚かされることでしょう。

各モデル・燃焼時間の比較(目安)
キャンドル1回あたりの適正燃焼時間メンテナンスのタイミング
CG1〜3時間最初の2時間目、後は1時間ごと
TL2〜4時間最初の3時間目、後は1.5時間ごと
EF3〜6時間最初の4時間目、後は2時間ごと
リアクター2〜12時間最初の3時間目、後は2時間ごと

↑の表をキャンドル選びの参考にしてください☆
大きなキャンドルを短時間使用しても、メンテナンスをすれば何の問題もございません。
芯の刈り込みが必要になる前に、大部分のキャンドルが「ハグ」で2回ほど調整できます。

■ 芯長さと維持管理
フェイロニアン蜜蝋キャンドルを上手に無駄なくご利用いただくために、 芯の長さを5mm〜8mmに整えておくことが最も重要です。 芯の長さが1センチを超えると、炎が大きくなり過ぎてプールが短時間に広がってしまい、 不完全燃焼を招く原因になります。 適正範囲外の巨大な炎は、プールを崩壊させ、キャンドルの淵から甘い香りの蜜があふれ てしまうかもしれません。(この現象をメルトダウンとも呼びます。)

本来、この100%蜜蝋キャンドルは、ススとは「無煙」ですが、炎が大きくなりすぎるとススが出る原因になります。 少々怖がらせるような説明でしすが、「芯の長さを適正に!」というお話でございます☆ 蜜があふれてしまっても大丈夫。冷えてから、それを削って、次回のキャンドルのプールにくべればOKです。 蜜蝋は一切の無駄がでないキャンドルです。

■ "ハグ"する秘密
キャンドルのプールの水位が下がり、その結果として芯がより長くなったとき、 キャンドルの芯を切らずに適正な長さに調整する方法があります。 それが”ハグ=抱きしめる”です。プールの水位を引き上げるためにサ イドの壁を液体のプールに押しやることで、芯を短く戻します。 (文字だと難しいですが、実際は簡単です(^^)
このページの一番上に、その詳細を写真つきで紹介しています。 是非、挑戦してみてください!

この100%蜜蝋キャンドルは、本来は煙が出ないキャンドルです。 もしあなたのキャンドルから煙がでていたら、、、それは芯があまりにも 長いというメッセージです。つまり、効率の悪い、不完全燃焼の状態ですので、ハグで 芯を5mmに戻し、あるいは一度消火して、再点火する前に、芯を刈り込んで修正してあげてください。

■ いつ消すか?
あなたが消したい時以外に、、、この蜜蝋キャンドルを消すための唯一の時間があります。 それは、芯がより長くなった状態で、キャンドルの縁のギリギリのところまで蜜のプールが広がった時です。 この場合には、蜜のプールの中に芯を浸すことによって消火するか、 または「キャンドル消し」でキャンドルを消火してください。

■ なぜ、吹き消してはダメか?
私たちのキャンドルで使用される天然の植物繊維の芯は、 石油ランプのように液化した蜜蝋を吸い上げる働きをしています。 炎を吹き消すと、芯はくすぶり続けて、煙が出てしまいます。 この状態は、芯の中にまだ小さい燃え残りがあることを意味しています。 これで完全に芯が破損する訳ではありませんが、 芯が再点火しずらくなり、また、欠けやすくなります。 ですから、キャンドルは常に「キャンドル消し」を使って消火することが理想です。 あるいは、芯を「蜜のプールに浸す」ことによって消火するのも良いでしょう。 「蜜のプールに浸す」場合は、先の尖った身近な道具を使えば簡単です。 浸した芯は、次回の為に起こしてあげてください。
そして、、残った蜜蝋は絶対に捨てないで! あなたの蜜蝋キャンドルのすべてのカケラは、生活のあらゆるところで役立ちます。 お手製リップ・クリームやハンドクリームをはじめ、引き戸のすべりを良くすることや天然100%無添加WAXとしても!

キャンドルとして利用するならば、是非、次回のキャンドルのプールにくべてあげてください☆

以上、現地説明書を意訳。  このページのTOPへ ↑
蜜蝋キャンドル

蜜蝋キャンドル蜜蝋キャンドル


蜜蝋キャンドルのメンテナンスを、「フィリン」でやってみましょう♪
驚くほどお手軽で簡単!さあ、始めてみましょう☆

蜜蝋キャンドル

1) キャンドルの炎が、だいぶ大きくなってきました。 ここで、「フィリン」 を投入開始!

2) 投入するに連れてプールが上昇し、芯が短くなっていきます。 適量を見極めましょう。

3) 「フィリン」の投入作業だけで、炎が小さくなりました。 1の写真と見比べてみて!入れすぎ注意☆

4) 安定した炎が、新たなプールを創り出します。 お手入れ終了です。

「フィリン」はゴールド色のみのお取り扱いです。
今回はチョコレート色の「EF10」キャンドルにゴールドの「フィリン」を投入しました。色の変化を期待しましたが(^-^;ほとんど判りませんでした。 キャラメル色のキャンドルでは、なお更に色の変化は見られないでしょう♪

蜜蝋キャンドル
* とっても簡単
* ハグいらず
* カットいらず
* プールに浸す楽しさ♪
* キャンドルの長さを保てる!        フィリンのお買い物ページはこちら!    このページのTOPへ ↑

■ 色のラインナップ☆            このページのTOPへ ↑

100%蜜蝋キャンドルは、色もまた、ミツバチが100%を創り出しました。
ゴールド、キャラメル、チョコレートの全3色の秘密は一つ下の項目で詳しくご説明致します☆
写真最前列の「たまねぎ型のキャンドル」のみ、天然色に加えてカラー (宝石色)もございます。
ジュエルカラーは「天然染料」を使用しており、着色した蜜蝋をゴールドキャンドル表面にコーティングしています。

■ 完全天然色、3色の秘密について

手作りにこだわるハンドドリップ製法の100%蜜蝋キャンドルには、全3色の天然色がございます。
「ゴールド」 「キャラメル」 「チョコレート」と呼ばれる3色には、ハチミツの色がそのまま反映されています。

* ゴールド-----クローバーの花、アルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)、アザミ、他ワイルドフラワー
やさしく甘〜いクセのない美しい香り。迷ってしまう初心者様には、まずゴールドをお奨めします。
愛され続けている爽やかな香りは、贈り物にもお奨めです。 3千円=CG1、5千円=TL5、1万円=EF9


* キャラメル---果樹の花、洋ナシ、桃、各種ハーブ他
ゴールドより甘〜く濃厚な果樹の蜜蝋。蜜蝋の香りが大好きな方へ自信を持ってお奨めします。季節限定の希少色。
また、キャラメルと次に紹介するチョコレートはお色が濃いために、※ ブルーム がとてもよく似合います!


* チョコレート---ソバの花、、はぜの木、果樹の花、ウルシ、他ワイルドフラワー
甘さの中にビターな香りを楽しめる唯一のキャンドル。やさしい甘さだけではない、絶妙なクセを持ちます。蜜蝋がわずかに固めですので2回目以降のリピーター様に大人気です。私の一番のお気に入り☆季節限定生産です。


ブルーム 〜 ピュア蜜蝋のあかし 〜 ブログでも豊富な写真で紹介中です!

ブルームは純粋な100%蜜蝋の表面に浮き出る白い粉です。
季節が冬になるころ、うっすらと粉雪の様にキャンドルの表面に姿を見せてくれます。丁度、甘いりんごの表面に浮き出る白い粉に似ています。

拭けば簡単に消えてしまう。。。夏には見られない季節感あふれる演出ですね☆ ブルームは、本当にピュアな蜜蝋の証。 当店の全てのキャンドルで生じる現象ですが、ブルームの色が白い為、ゴールドキャンドルでは分かりにくいかもしれません。

この天然の雪化粧の愛好家たちは、ブルームを育てるためにわざわざ寒い部屋で保管します。 もちろん私も、ブルームを楽しみにしている一人。

うっすらと浮き出る雪景色を楽しみたいなら、キャンドルはチョコレート色で決まりです! カラーのキャンドルでも、ブルームは時折美しい姿を見せてくれます。 天然染料を混ぜても尚、ちゃんとブレームがでるのです。さすがはピュア蜜蝋100%ですね。 もみの木キャンドル (ページ下)に浮き出た姿は、まさにクリスマスツリー!

皆さんのご自慢のブルーム写真を是非お寄せくださいませ♪楽しみにお待ち致しております☆

3色は、広大な大自然からミツバチが集めた「花粉」と「蜂蜜」が生み出す天然色です。
蜂蜜屋さんに足を運べば、花ごとに蜜の色が違うのを確認できるでしょう。
天然由来の自然任せのお色ですので、年度によっても様々な「色の幅」がございます。
同一色でも、明るいトーンもあれば色味の強いトーンもあります。



不思議なことに、ハチがお花畑から作り出した蜜蝋の無限のカラーバリエーション、
その全ての色が何かにとても似ているのです。
そう、私達人間の様々な人種が持つ肌の色とそっくりなのです☆
100%蜜蝋キャンドルのもつ数ある不思議の一つに数えられています。

なぜ、100%蜜蝋キャンドルは色が濃くて香りが豊かなのか?

キャンドルに使われている材料がとっても贅沢だからなのです♪
通常は蜂の巣全体から蜜蝋を採取し、丁寧にろ過されたものがキャンドルの原料となります。
色は白から茶色(黄土色)の間に仕上がることが多く、キャンドルに鼻を近づけても甘い蜜の香りは感じられないものです。

ところが、当店の100%蜜蝋キャンドルはオイルを一切混ぜず、蜜蝋のみを100%使用していることはもちろんですが、その蜜蝋の採取(質)に最大の秘密があります。
・・・最も香りが豊かで、成分が豊富に含まれている場所とは、、、それが蜂の巣穴を薄く透明に覆う蜜蝋です!
それこそが「キャッピングワックス」と呼ばれる希少蜜蝋なのです。当店での「蜜蝋100%」とは、「キャッピング蜜蝋100%」のこと!初心者でも驚くほどに香りも色も全く異なります☆

薄い幕ですので巣から採取できる量も極端に少なくなり、生産性は全く期待できません。
その代わりに、贅沢すぎる香りと濃厚な色合いを兼ね備えた夢のキャンドルが生まれるのです☆

※ 季節限定生産のキャラメルとチョコレートはお早めにどうぞ!


このページのTOPへ ↑

© 2011 tablakatabla.com